ぺぴそゆコと

2018年5月からお家づくりをしています。現在土地を探し中。そんな家づくりのあれこれがメインのブログです。その他には動静脈奇形という国指定難病を持っているのでその事についてだったり、大好きな猫の事をゆるりと綴っていきます。

ぺぴそゆコと

バードウォッチング 【南信州】あてび平・小鳥の森

数日ゴールデンウイークのお出かけ記事が続きます。

4月29日。

湿原行きたい×ハイキングしたい×鳥が見たいというそれぞれの望みを叶えるべく、

南信州にある「あてび平・小鳥の森」というところへ行ってきました。

長野県下伊那郡売木村2653番地100

www.urugi.jp

小鳥の森・・なんて素敵なネーミング。

これだけで私の心はわくわくのテンションMAXです。

今は猫を飼っているんですが、トータルで10年間くらいセキセイインコオカメインコたちと暮らしていて鳥も大好きなんです。

f:id:soyoukoto:20190507202515j:plain

小鳥の森 入口の看板

森の入口の前に大きな看板があってそこに車を停めることができます。

熊出没中

の文字に若干ビビりながら森の中へ・・・

念のためにスマホYouTubeを開き「熊の嫌がる音」をスタンバイして入りました。

ところどころに植物の名前が書かれている札があって、少し歩くとありました。

f:id:soyoukoto:20190507202503j:plain

ザゼンソウ

ザゼンソウ

ここを訪れる前にHPで見て一番見たかった植物だったんですが、時期が少し遅かったみたいで花はもうつけていなかったです。残念。

3~4月にはこんな特徴的な花をつけるみたいです。見たかったな~。

ja.wikipedia.org

どんどん進みます。

f:id:soyoukoto:20190507202919j:plain

あてび平・小鳥の森

曇りだったので写真が暗くって少し怖い雰囲気に見えるかもですね・・・

でも実際はすごくいい雰囲気の森です。

f:id:soyoukoto:20190507202442j:plain

白い小さな花

なんの花かわからないんですがかわいらしくてパシャリ。

肝心の小鳥はというと・・・います。

常にどこかで鳴いていたりさえずっていたり。コゲラだったのかドラミングする音も聞けました。ですがさすがにiPhoneのカメラでは姿をおさめることは難しく・・・。

途中、竹林にいる数羽をかなり近くで目視できたので試しに撮ってみたんですがこの通り。

f:id:soyoukoto:20190508152034j:plain

小鳥がいるであろう竹林

うん。ただの竹林。

森の散策も終盤に差し掛かり、オオルリが見たいねってことで小川沿いの道へ。

ミズバショウも花が咲いてませんでした。

ちょっと早かったんですね。

f:id:soyoukoto:20190507202452j:plain

ミズバショウ

ザゼンソウの花は終わったところでミズバショウはこれから・・・

谷間の時期に訪れちゃったみたいです。

でも、自然ていいな。やっぱり自然が大好きです。

それから、森の入り口に小鳥茶屋さんというお店があるんですがまだ営業はされてないみたいです(2019年4月29日現在)。

コーヒーでも飲んでいこうかとお邪魔しようとしたら「もうすぐ営業許可がおりるんです。」とおっしゃられていました。

おひとりで経営なさるのかはわかりませんがとても感じのいい若い男性の方でした。

ザゼンソウの花が咲くころにでもまた訪れて小鳥茶屋でコーヒーをいただきたいなと思います。

そしてそして、あてび平・小鳥の森をあとにしてお腹すいたね~と車を走らせていると「しかカレー」の看板が!

以前愛知県の足助町で食べた鹿フランクが美味しすぎて鹿=美味しいがインプットされているのと、うぺさんが今ドハマりしているのがカレー。(ちなみにスパイスからつくる本格的なインドのやつ)

というわけで、私たちにとったらこの上ない魅力的な組み合わせ。

こりゃ食べるしかなーい!というわけでお邪魔しました。

じゃ~~~ん。

f:id:soyoukoto:20190507202849j:plain

しかカレー

鹿肉とろっとろ・・・美味しいいいいいい!!!

森歩き回った後だからなのかな。それもあるんだろけど、かぼちゃにナスにじゃがいもにレンコンにミニトマトにきのこまで最高に美味しいよ。

パイ生地で作られたちっこい鹿もまたかわいくてほっこり。

あまりの美味しさに感動して食後のコーヒーまでいただきました♪

入店後に気づいたのですがこちらはご飯屋さんではなくて、ペンションみたいです。ちなみにしかカレーは週末限定みたいです。
www.juns-kitchen.com

「僕のカレー人生に一石を投じるカレーだった」byうぺさん

笑かしよる。

この日を境にインドカレーから欧風カレーにシフトしていくうぺさんなのでした。