ぺぴそゆコと

2018年5月からお家づくりをしています。現在土地を探し中。そんな家づくりのあれこれがメインのブログです。その他には動静脈奇形という国指定難病を持っているのでその事についてだったり、大好きな猫の事をゆるりと綴っていきます。

ぺぴそゆコと

特別な日。

昨日の話なんですが、うぺさんの娘さんがバイトしているお店に夜ご飯を食べに行ってきました(^-^)

 

「従業員とその家族はOKっていう半額クーポンがあるから食べに来て!7月いっぱいは使えるから(*'▽')」

って娘さんの方からお誘いがあって。

 

昨年の12月に初めて会ってから昨日で二度目。

 

本当はその初顔合わせを経てからもっと頻繁に会うようになるのかなーと思っていたんですがなんだかんだで昨日まで会わずだったんです。

 

というのも、私の考えすぎという悪い癖が発動したからなんですが(;'∀')

 

慎重に繊細になりすぎてしまって自ら再会の機会を逃しちゃってたんですよね。

 

ヒヨッたというかチキッたというか(´Д`)

 

 

初顔合わせのときに何かあったとかでは全くないんですが、これまでに聞いてる話だとか日常のやりとりから感じ取れる親子の関係性・絆の深さをものすごく感じていたのでそこに自分が入っていくということに自信がなかったんです。

 

わずか1歳とかそんな物心もつかない頃からパパとふたり。

17年、18年・・・そこには私なんかとても想像もつかないような絆があるはずで。

 

単純に怖かったんですよね。

 

 

ですが、そんな中無事に昨日再会?を果たせました!

 

そうは言っても向こうはバイト中なのでがっつり話すとかはできないんですが、お店のシステムが少しややこしい感じなのもあってその説明をしてくれたりお店が混みだすまでは毎回オーダーを取りに来てくれたのでちょこちょこ話すことができました。

 

食べ終わって会計の時にわざわざ来てくれたんですが、背中に手を回して

 

「いっぱい食べた?(*^-^*)」

 

って気遣ってくれたりして・・

 

 

誘ってくれたことがホントに嬉しくて

(今日は最高な日になったなぁ)

ってしみじみ思ってたところでのコレでちょっと泣きそうになりました(笑)

 

初顔合わせのときにも感じたんですが、私なんかよりもよっぽど大人で本当にしっかりしています。

もし私が彼女の立場だったら絶対あんなふうにできない。

 

 

余談ですが、初顔合わせの時に私の病気の事も

コレコレこうでこういう病気で見た目がこんな風になってるの

って説明したんですが、それもケロッとした顔で

 

「全然気にならない(^-^)」

って言ってくれて。

 

この時はさすがに泣いてしまいました(´;ω;`)

 

 

 

それから、うぺさん、とっても嬉しそうでした。

娘がバイトしてる姿というのを初めて見たらしく、めちゃくちゃ感動してて。

実は少し前から体調が優れなかったりしてたんですがそれも吹き飛んでしまうくらいにニコニコでした( *´艸`)

 

 

親子のそんな場面にいられたことがすごく嬉しくて私にとっても特別な日になりました☆