ぺぴそゆコと

2018年5月からお家づくりをしています。現在土地を探し中。そんな家づくりのあれこれがメインのブログです。その他には動静脈奇形という国指定難病を持っているのでその事についてだったり、大好きな猫の事をゆるりと綴っていきます。

ぺぴそゆコと

仲見世通りで食べ歩き~[小布施]岩松院で葛飾北斎の八方睨み鳳凰図を浴びてきたの巻

風邪やっと治りました。

熱がバ―――ンって上がるでもなくなんか地味に長引いてキツかったです。

 

さて。

旅行から日にちが経ってしまい記憶も朧げになりつつありますが引き続き長野旅行のお話です。

 

www.soyoukoto.com

www.soyoukoto.com

 

 

善光寺を堪能しお昼ご飯を兼ねて仲見世通りで食べ歩きをすることに。

 

f:id:soyoukoto:20191014235805j:plain

仲見世通り

・・・がしかし、ここで食べ物の写真を一切撮っていなかった事に気づきましたw

なのでここはスルっと流し気味に行きたいと思います(*´Д`)

 

とりあえず私は寒かったので一つ目のお店でまずは温かい甘酒、うぺさんは確か木苺のソフトクリームをチョイス。店内で軽く座って頂けるスペースがあるお店でした。(名前失念。いや、調べろや。)

私たちはいつも体感温度がめちゃくちゃ違くてこんな↑事が多々あります。こんなんで一緒に住めるのかねぇ。

 

そしてお次は、おやき!

信州といえばおやきがやっぱり有名なんでしょうか、どのお店のおやきにしようか迷うくらいありました。

なんとなくイイ感じのお店に決めて(名前失念。調べてもたどり着けない。)うぺさんはナスのおやき、私はリンゴのおやきをチョイシ~ン♪

たぶん人生初めてのおやきです。

うう~~~ん。リンゴのおやきは・・・限りなくアップルパイw

これは失敗しました。もちろん味は美味しいんですが、無難に定番な野沢菜辺りにしておいた方がよかったかな(;'∀')

ナスのおやきは確かそのお店のNo.1人気とかだったんですがナスがとろっとろで美味しかったです♡

 

そしてお次は味噌ソフト!

・・・の看板が目について食べたかったんですが、うぺさんはさっきソフトクリーム食べた&私は寒くて無理で却下。

で、そのお店で味噌焼きおにぎりを頂きました♪

これが美味しかった(●´ω`●)ちょっと海苔が邪魔だったけど。

すや亀 善光寺店 | 信州味噌・門前みそ すや亀

 

ここまで書いて思ったけど写真てやっぱいるな~。

読んでくれた方すいません(;´・ω・)

 

 

さっ。

気を取り直して。

お次は小布施に向かいます。

目的地は北斎の天井画のある岩松院。

f:id:soyoukoto:20191106184514j:image

善光寺の仁王様と違ってずいぶんとユーモラスないでたちです。かわいい。

 

 

f:id:soyoukoto:20191014235939j:plain

岩松院

 

 

そしてこちらが目的の八方睨み鳳凰図。

f:id:soyoukoto:20191106125409j:plain

引用元:小布施文化観光協会公式サイト

大きさにして畳21畳分のとっても大きな絵です。

・・・が、しかーし。大きな声では言えませんが、個人的には思ってたよりもそんなでした( ゚Д゚)あれれ?

NHK歴史秘話ヒストリアでこの鳳凰図を観て「これは実物を拝みたい!」と思って今回行き先を長野にしたんですけどねぇ・・・ちょっとがっかり。というか、たぶん私の期待が大きすぎたんだと思います。うぺさんは感無量だったみたいなので(^^)

 

 

 

そして北斎館。

この時ちょうど特別展をやっていて入場料が普段よりちょっと高くなっていて入るかどうか悩みましたが、せっかくなので北斎館と高井鴻山記念館とおぶせミュージアム・中島千波館の三館共通チケットみたいなものにしました。(これだと少しだけお得感があります♪)

 

f:id:soyoukoto:20191106131804j:plain

北斎館で押したお気に入りのスタンプ♡


このスタンプ、20コくらいあったかなぁ。その中から選べます。

記念にすたんぴん。

肝心の北斎館ですが、まあすごかったですよ。行って損はないかと。特別展のせいもあるのかな、ものすごい充実してました。

ただ、私は娘の応為さんの絵のが好きかもしれません(*^-^*)

f:id:soyoukoto:20191106134252j:plain

葛飾応為《夜桜美人図》 引用元:メナード美術館

 

 

あと、ほぼ期待せずに見た高井鴻山記念館が結構よかったです。ニワトリの絵がだんだんと滑稽になっていく様がかわいらしくって癒されました☆

なんとなく、その人となりを垣間見れたような気がしました(^^)

 

次回 渋温泉と名物おばあちゃんの巻