ぺぴそゆコと

国指定難病「巨大動静脈奇形」をもつアラフォーがハンドメイド作家を目指すブログ。猫の虎太郎のこともたくさん書きます。少しでも同じ病気の人の役に立てるように治療方法や経過も記録していきます。

ぺぴそゆコと

非通知の着信

こんばんは。

ぺぴそゆコです。

 

今日14時頃、非通知で着信がありました。

設定で非通知は鳴らないように?受け付けないように?してるので気づいたのは後になってからだったんですが、それからなんだか気が重いです。

 

どうしても父のことかなと思ってしまって。

 

 

 

 

先日ZOZOTOWNで久しぶりに買い物をしたときのこと。

配送予定日に届かなくておかしいなと思いつつも、急ぐものでもないしまあもう一日様子みるかと放置しました。

予定日の次の日も届かなくてさすがに遅くない?と思ってその日の晩に配送状況を確認したら前の住所に何度も届けられていました。

 

配送予定日に一度。

次の日には三度。

(配送業者の方、本当に申し訳ありません)

 

父が受け取らなくてよかった、と思ったのと同時に父が家にいないことを知りました。

 

 

まだ父と離れることになる前に相談していた保健師さんがいたのですが、その方から母に父が6月に入院したと連絡があって入院したのは知っていました。

ちなみに私や弟の連作先は知らせていません。

母の強い考えの元、父に関する行政との連絡関係のことは私や弟には一切させてくれませんでした。

 

その時に、もう父一人で生活するのは難しい状況だから後見人をつけた方がいい、その手続きをしてほしい、退院の手続きもしてほしい、という事を言われていました。

母が拒否をすると市役所の方から脅しともとれる言い回しで責められました。

子供は親の面倒をみる責任も義務もある、それをしないという事は法にひっかかる。とにかく一度足を運んでくれ。と。

言い方等今この場ではオブラートに包んで書いています。

 

この辺りはこちらも一応勉強していたのでこちらが出向く必要もないし、後見人の申し立ても市長が代理で行える。だから、私たちがあの人の為に動くことはない。

そう思って最初は毅然と対応していました。

しかし、相手は市の職員さん。

本で勉強したことでも素人知識だし脅しまがいに何度も言われるとこちらが間違っているような気持ちになってきて。

 

知り合いの弁護士さんに相談しました。

すると、そのような事実はないことや携帯の番号を変えて一切の連絡を絶ってもいいと思う。とアドバイスをされて母はすぐに番号を変えました。

それからひと月半ほど経ちますが今は父関連の連絡もなくなって穏やかに暮らせています。

私たちが動くことなく全部進んでる証拠です。

 

ちなみに、こういった脅しのような事を言われたときはボイスメモや通話の録音機能を使って録音しておくといいそうです。

「お話の内容を今から録音させていただきますがよろしいでしょうか」などと先に相手方に断りをいれておくことが必要になりますが、このひとことが抑制になります。

 

 

少し話がそれましたが・・・

なので、父に万が一があったときに連絡がくるのは離婚して他人になっている母ではなく私か弟になります。

恐らく”そのとき”の連絡は警察からくると思うので非通知という事はないでしょうが。

 

配達状況の記録から察するに恐らく父は施設かどこかに入ったのでしょう。

アルコールのことがあるので専門の病院かもしれません。

 

万が一の時のことも先日弟とふたりで話し合ったんですが、結局決められなかったです。

 

幼い頃の記憶、思い出、最期くらいはという思い。

私どっちかというとお父さん子だったんですよ。動物や芸術や音楽が好きなとこ、感性も似てたし、背が高くてかっこよくて優しくて自慢のお父さんだったんですよ。

大好きだった。

 

でも、あの地獄のような日々を思うと最期くらいはという気すらも霞んでしまう。

 

 

 

正直そう遠くない未来に”そのとき”がくるんじゃないかなって思ってます。

アルコールで体もボロボロなはずなので。

 

 

非通知からの着信もそうだし、知らない番号からの着信はマジでやめてほしい。本気で心臓に悪いし一気に憂鬱になる。まあ、出はせずにあとで番号検索してますが。

 

この先ずっと父の影に振りまわれるのかと思うと携帯持つのやめようかなとすこーし思ったりします。この今の時代携帯持ってない人っているんですかね?

 

 

なんだかまとまりがないですが今日はここで終わります。